こんなときは脱毛できない

肌の状態によっては脱毛サロンでの脱毛を受けられません。脱毛サロンに行く前にはどんなことに気をつければいいのでしょうか。

脱毛サロンで行っている光脱毛は、肌の負担が少なく安全な脱毛法です。しかし、まったく肌にダメージを与えないわけではありません。

乾燥がひどい肌はバリア機能が低下して弱くなっています。ダメージを受けた状態の肌に脱毛をすると、ダメージがさらに増えて肌トラブルを起こす可能性があります。また、皮膚が固くなって脱毛効果が減少します。

乾燥がひどいときは脱毛を断られるので、日ごろから保湿をしっかり行っておくとよいです。

日焼けをしているときも脱毛できません。光脱毛は黒い色素に反応光を使います。通常は毛の色素にだけ反応しますが、日焼けして色が濃いと肌の色にも反応して光が吸収されます。皮膚が熱を持ってやけどをするので、脱毛を断っています。

脱毛サロンに通う1か月前くらいから紫外線対策をして日焼けを防ぎましょう。

コメントを残す